<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『フラガール』を観て。

渋谷「アミューズCQN」 にて観て参りました。

閉鎖の危機にある炭鉱の街に住む人々が街起こしのため常盤ハワイアンセンターを造り、
そこで踊る初代フラガール達の物語です。

いい映画でした。心温まりました。詳しくはHPをご覧下さい。
ハワイよりか常盤ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)に行ってみたくなる映画でした♪

主演の松雪泰子さん、蒼井優さんのフラダンスシーンも素晴らしかったですが、
家庭の事情で志半ばでダンスをあきらめ引越してしまう親友役の演技に涙ぽろりしました。
みんなと一緒に頑張りたいのに、踊りたいのに、彼女に選択肢はありません。
現実の前では思い描く将来は夢でしかありません。
そして誰よりも本人がそのことを一番よく分かっています。

改めて、「迷う」というのは贅沢なことだなと思いました。
選択肢があって、選ぶ権利と拒否する権利があって初めてどれにしようか迷える訳ですから。

今の時代、目標が明確な人はもちろんのこと、何がやりたいか分からない人も、こっちの道は近いけどぬかるんでるからイヤ、とか、とりあえずあそこの道の駅まで行ってみよう、なんて感じに自分で決めて進むことができます。たまに、道が枝別れしすぎて選べず、迷い、立ち止まってしまうこともあるかもしれません。

でも、この「迷い」は目の前には一本の道しかなく、またその道が石だらけで舗装されていない時代に比べたら、何倍も贅沢なことです。

せっかく複数の進むべき道を悩める訳ですから、突き進むだけじゃなく、たまには歩調を緩めて脇道を通ってみる余裕もあっていいですし、道ばたの草花に触れたり写真を撮ったり(!)するのもいいかもしれません。

進むべき道を選ぶといえば、最近話題のKAT-TUNの赤西君。
本当のところはよくわかりませんが、20歳ちょっとにして職歴10年近いんですから、
それは他も見てみたくなりますよね。
実は、密かにカッコイイ♪と思ってたので、復帰を願っております。

e0060973_15424435.jpg


More
[PR]
by hisho_M | 2006-10-16 15:43 | Movie & Pic.

フィボナッチ数列

ご存知ですか?
前二つの数字を足すとその数になるってやつです。
詳しくはWikipediaをご参照ください。
これを偶然の一致だとか、こういうこともあるさ、で片付けず数式で表し、
揚げ句の果てに美しいとか言っちゃう理系たち。

すごすぎます。

数学のテストは専ら部分点で稼ぎ、テスト時間のほとんどは、窓の外の景色を眺め
季節の移り変わりを感じるのに割いていた私とは別の種としか思えません。

先日、木更津で円周率暗記の世界記録が樹立されたらしいですね(すごいぞ、木更津)。
ここにも数字にとりつかれた人が。
なんと、10万桁!暗唱するのに16時間半かかったそうです。WOW!

いったいそれが何の役に立つの?と言ってしまったらそれまでですが(だって最近は円周率は約3って教えるし)、そこまでに情熱をそそげる、揺るぎないNo.1を見つけた人は強いと思います。

それが仕事であれ、趣味であれ、ダーリン/ハニーであれ。

継続できる精神力と、情熱を持ち合わせた人は最強です。

【樹立】
e0060973_14214483.jpg

[PR]
by hisho_M | 2006-10-06 14:06 | Pictures