カテゴリ:Book & Pic.( 6 )

お疲れThursday。

今朝、とある路線の電車が車両故障のため止まり、そのせいで私の利用する電車も
激混み遅れまくり。

背の高い人たちは上の循環する空気を吸えますが、私みたいにちょっぴり小さめだと
(ちっちゃいとは認めたくない)、一番密度の濃い、絶対二酸化炭素濃度が濃いと思わる
あたりの空気を吸うしかなく、苦しかったです。

更に、今通勤中に読んでる「嫌われ松子の一生」は、さらりとした文体なのに、なかなかこれがヘビーな内容です。

嫌われ松子の一生

山田 宗樹 / 幻冬舎

おかげでThursdayもぐったりです。

ブラジル戦は朝イチのNHKニュースで見ることに決定。
ということで、今晩はおでかけをすることに。

・・・でも、気になってTVつけちゃうかもしれません。

結果、激寝不足で金曜日は仕事にならないかもしれません。
だったら休んだ方が・・・いや、ダメですね。

(このドロドロは溶岩です。今朝の気分です。)
e0060973_14433944.jpg

[PR]
by hisho_M | 2006-06-22 14:45 | Book & Pic.

ラリア。

先日、朝の通勤電車で学生っぽい男の子たち数人が話していました。
どうやらサーフィンの話みたいです。

男子A: 「やっぱ、ラリアって波よくね?」

hisho_M心の声: 「ら、ラリア?」

男子B: 「あ、オーストラリアね。」

・・・今どきの若い子はオーストラリアのこと「ラリア」って言うんでしょうか?
朝からびっくり。A君独自のボキャブラリーなんでしょうか?
それとも常識??
e0060973_23402174.jpg


More
[PR]
by hisho_M | 2006-05-23 23:44 | Book & Pic.

ごぶさたしております。

あは。えへ。新年になっても更新しなさすぎです。

いかがお過ごしですか?
この間はすごく雪が降りましたね(古い)。
寒い日が続き、近所の道に氷となって残っています。

ホリエモン、大変なことになりましたね。
私は彼を擁護するつもりはさらさらないのですが、世の中の(特にマスコミ)の
手のひら返しには本当に驚かされます。

企業が自社の株価を上げて、事業を拡大させる戦略はアメリカでは当たり前に
行われてきたことであり、線引きが難しい問題とは思います。
「風説の流布」やその他問題がぼろぼろ出てきますし、現にホリエモンは逮捕され
拘束されている訳ですが、現時点ではあくまでも「容疑者」です。
それなのに、ライブドアがこの段階で「堀江前社長が戻ってきても受け入れるつもりはない」
と明言している点もなんかな~、と思ってしまいます。

まあ、ホリエモンは数々のM&A用語をお茶の間に浸透させ、株取引を身近なものに
させたという意味では功績を残したんではないでしょうか。

最近、高杉良の「燃ゆるとき」を読みました。

燃ゆるとき

高杉 良 / 角川書店

マルちゃんの赤いきつねと緑のたぬきで有名な東洋水産の創設者についてです。(私は文庫メインなので、ちょっと古い本が多いです☆)
この本を読む限りでは、地に足のついた、従業員を大切にする魅力のある社長さんです。

創業の後、商社に圧力をかけられたり、米国進出の際には先行企業に苦しめられたり。
そんなこんなで数々の苦難を乗り越えて、やっとのことで上場です。

あまりにも最近話題になる企業とは違い、う~む、と考えさせられました。
e0060973_23254440.jpg

[PR]
by hisho_M | 2006-01-29 23:26 | Book & Pic.

Jonathan Livingston Seagull

ある方の愛読書として某ブログに出ていた『アルケミスト』を読んでみました。

アルケミスト

パウロ コエーリョ Paulo Coelho 山川 紘矢 山川 亜希子 平尾 香 /
角川書店

う~ん。。。奥が深すぎるのか、私にはあまりよくわかりませんでした。
(通勤中にiPod聞きながら読んだから?)
まず、文章がいかにも訳文っぽく、そこにあまりなじめませんでした。

きっとこの本はこれからの人生について高尚な悩みを持っている人、明確な目標がある人
又は欲しい人、などが読めばそこに示されている指針を読み取ることができるのでしょうが、
お気楽に、日々のことしか考えていない私にはちょっと難しかったです。

私としては、同じようにファンダジーテイストの「自分探し」本では『かもめのジョナサン』
の方が好きです。五木寛之氏の訳もいい感じですし。

かもめのジョナサン

リチャード・バック 五木 寛之 Richard Bach / 新潮社

そして、またしても無理矢理写真につなげます。今回は「カモメ」です。
カモメって近くで見るとコワイ顔してますよね。横目でこっちをにらむっていうか。遠目で見ると爽やかなのに。
e0060973_13423253.jpg

[PR]
by hisho_M | 2005-11-04 13:45 | Book & Pic.

東京タワーと富士山

最近けっこう話題になっているリリー・フランキーの
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』を読みました。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

リリー・フランキー / 扶桑社

これが、泣けるのです・・・
朝の通勤で読んだ私がバカでした。電車の中で涙がぽろぽろ。
恥ずかしいけど、泣けてくる。乗り換えるの忘れたくらいです。
これから読まれる方もいると思うので多くは書きませんが、なかなかいい本でした。
オススメです。

東京タワーってどれだけ長く東京に住んでいても、なんだか特別感があります。
ふいにビルの谷間から見えたりすると、得した気分になります。

それは富士山も同じです。
ということで、今日は富士山の写真を。
冬になる前に、富士山の写真を載せたいがための前フリでしたが、
ちょっと強引すぎました??
e0060973_22363089.jpg

[PR]
by hisho_M | 2005-10-30 22:43 | Book & Pic.

地震

今日も地震がありましたね・・・
偶然なのですが、最近通勤中に吉村昭の『関東大震災』を読んでいるので
大地震がくるのでは・・と想像して怖くなっていました。

関東大震災

吉村 昭 / 文芸春秋

ちなみに、私は地震で建物の下敷きになった時用に、東急ハンズで笛を買って枕元に置いてあります!みなさんも準備しましょう~

今日は怖い思いをしたので、写真はピンクのお花にしてみました。
e0060973_22244690.jpg

[PR]
by hisho_M | 2005-10-19 22:30 | Book & Pic.