カテゴリ:Hobby( 2 )

T-Wall再訪

以前初挑戦したT-Wallにまた行ってきました。

午前中からお昼過ぎまでろくに休みもせず壁のぼりをしていたところ、
肩・腕が筋肉痛です。
なぜかひざに打撲のあとまであります。

疲れた~。でも楽しかった~。

午後になり、人が増えてきたので超・初心者の私は終了。
上手な人をウォッチング。

私よりずっと年上の女性が、全く無駄のない動きでするする登っていきます。
直角どころか、オーバーハングしている壁もです。

いや、ほんとにすごかったです。

筋肉痛が治って、ひざの青アザが消えたらまた行こうっと。
[PR]
by hisho_M | 2005-10-10 22:13 | Hobby

初!フリークライミング

かねてから興味のあったフリークライミングをやってみようと江戸川橋のT-Wall
入門コースに申し込みました。

ジムのような所を想像したのですが、外観は一見、町工場といったところ。

恐る恐るドアを開けてみると・・・

階段の奥にはカラフルな石が埋まった壁がそそり立っています。

e0060973_11444092.jpg

まずは靴など用具をレンタルします。
靴なんですが、自分の普段のサイズより小さいものを、つま先を曲げた状態で
はきます。
・・・後ほどモーレツに足先(特に爪)が痛くなるのですが・・・

基本的な説明を受けた後、遂に壁にへばりつきました。
横では小学生くらいの男の子が、スパイダーマンのようにするする登っていきます。

イメトレはばっちり。

しかし、何しろ握力・腕力がないので壁からぺろ~んとはがれ落ちそうになります。
そこをインストラクターの方に支えていただき、なんとかゴールへ!

カラフルな石には番号がふってあり、その番号の石だけに手をかけて、
あとはひたすら登ります。
「手足限定」という登り方もあり、手も足も決められた石だけしか使えません。

e0060973_11462944.jpg

これが人生初「ボルダリング」です!

その後、今度はもっと高い壁にロープを使って登っていきます。
二人組みになり、一人はロープを腰に壁をよじ登り、下の人はそのロープを持ち、
登る人のペースに合わせてロープを巻き取っていきます。

もしも、万が一、登っている人が落ちてしまった時は、その命は下の人に
かかっています!これは信頼関係がないときびしいです。
インストラクターの方に何度も用具のチェックをし、声をかける場合は
はっきり大きい声で、と言われました。
確かに何かあってからでは遅いし、責任問題に発展するので徹底すべき、ですね。

そしてこれが人生初「トップロープクライミング」です!

e0060973_11484574.jpg

講習が終わった後は、再度ボルダリングに挑戦。
簡単そうなのから登ってみました。
前後左右を見渡すと、垂直どころかオーバーハングしてる壁を登ってる
人たちがいます。有り得ない!重力は??

つま先がものすごーく痛くなってきたので、初日はここでおしまいです。

初挑戦、とても楽しかったです。是非今後も続けたいです。
自分の標を設定し、それに向かって無我夢中で登り、
ゴールにたどりついた時の達成感!
1回やっただけでこんなこと語っちゃって、まぁ、と思われそうですが、
日常生活ではなかなか味わえない爽快感です。

オススメです!
[PR]
by hisho_M | 2005-09-20 11:51 | Hobby